KLARUS HC3軽量センサーヘッドライトで体験したナイトサーフは快適でした!

KLARUS HC3軽量センサーヘッドライトで体験したナイトサーフは快適でした!

以前に比べて釣行開始時刻を早くすることが多くなりました

車中泊をしてゆったりとスタートしたほうが

寝坊して慌てて車を飛ばしてくるよりも

いい感じで釣りを楽しむことが出来ます。

以前に、激安のLED 投光器 COBライト ミニ を釣りに使用していて

十分!などという記事を書いたことがありました。

この頃は、暗闇の中で釣りをする時間が少なく

日の出までのちょっとした時間に使うだけだったので

でたらめを書いたつもりは無かったのですが

だいぶ年季も入ってきてるし💦

光が足りないな~とか

やっぱり頭に付けるやつの方が

良いのだろうかとか?

真っ暗闇で釣り具の準備のとき使いにくい(T_T)

釣り場まで歩く時にもう少し広く照らしたい!

ナイトサーフで釣りをしてる人は、ほぼ頭にライト付けてるし

ということで!

Amazonブラックフライデーを初めて利用しました

巷でよく耳にするブラックフライデーで買うべき!と判断して

KLARUS HC3 軽量センサーヘッドライト購入決断!

早速、翌日に届きましたAmazonプライムすげ~

開封しサーフで使用してきました!

1999円で購入できました

お値段以上の品質の良さを感じます

充電はマイクロUSBです

USB-3の方が使い勝手は良かったかな

ダイソーのモバイルバッテリーを

接続して充電しました

開封時にランプ4点灯でフル充電みたいですが

すでに3個点灯してました。

マニュアルが付いていましたが

日本語の表記は無しでした💦

でも何とかなりそうです。

赤いプラスチックの部分を

防止のつばに挟むだけです

37g!とても軽く

辛さはありませんでした。

ヘッド用のベルトもついてました

たぶんこんな感じに使うはず

そんなに悪くないと思います

下が電源ボタン

上はジェスチャーセンサーの

ON/OFFでした

今までのCOBライトに比べて

帽子についているので

思ったところを照らすことが出来て

移動もより安全で

作業めっちゃ楽でした🤣

魚にプレッシャーを与えない

赤色にして釣りを楽しみました(^^♪

これはそんなに明るいものでは無く

夜釣りの経験があまりないので

コツというか使い方がきっとあるはず

今後勉強します<(_ _)>

電源スイッチを押すたびに

照明モードが切り替わるタイプでした

砂浜を歩く分には

ホワイトミディアムで十分でした

KLARUS HC3 軽量センサーヘッドライト仕様

クイックリチャージ:1時間のMicro-USB急速充電

ロングランタイム:1回充電で最大27時間のランタイム

耐候性:IPX5防水規格、雨や雪の天候を心配する必要なし

寸法:62mm(2.44”) × 50.5mm(1.99”) × 23.8mm(0.91”)
材質pc
防水IPX5
重さ37g (1.31oz)
バッテリー容量500mAh
最大出力100LM
動作電圧3.7V

今回使用して気づかなかったのですが

角度を変えて

照らす位置を変えられた!

これは、ほかのヘッドライトとは

違った特徴じゃないでしょうか?

気になったことは1つだけ

この赤い部分が

帽子に付けたり

ベルトをつけたり

角度を変えたりのキモなので

この部分の耐久性が気になるところです

これから使い込んで試してみます。

今回は、すっかり明るくなってからヒラメが釣れたので

魚を照らすことは出来ませんでした(^^♪

私には十分すぎる性能があった

KLARUS HC3 軽量センサーヘッドライト

これからのナイトサーフで使うのが楽しみです。

ナイトサーフ(サーフの夜釣り)の魅力

  • 魚の警戒心が薄れて釣りやすい
  • 静かな環境で釣りに集中できる
  • 昼間では見かけない魚が釣れる
  • 自分の好きなポイントで自由に釣りができる
  • 釣れるサイズがデカい

夜のサーフは日中のサーフに比べ、魚のサイズが良く接岸量も多くまた、ベイト、流れ、地形、光量など様々な要素が絡まないと1匹に結びつきにくいシビアな釣りでもあると言われています。

ナイトサーフで狙える魚、ヒラメ、ヒラスズキ、フラットフィッシュ、青物、シーバス(´▽`*)

(*`艸´)これは、良かったというよりは必需品でした😅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です